スポンサーリンク

甲斐國一宮 浅間神社【足元にこそ、咲き誇る花を】

その他
2022年6月10日武田信玄公の墓所、そして武田神社とともに先頃お参りしたのが、甲府市笛吹市にございます甲斐國一宮「浅間(あさま)神社」です。このブログにても以前から幾度か記事を書いております。山梨県は、富士山を有する県なだけに、“浅間”と名のつく神社は多いです。わたくしも度々、こうした浅間系(富士山信仰)の神社にはお参りしておりますが、そのなかでも当社は、山梨に訪れるたびに定期的にお参りしている神社でもあります。御祭神は、富士の神 “木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)”です。本殿にていただく御言葉は、毎回、大きな気づきとなります。今回もわたくしたちに必要なメッセージを降ろしていただきました。どうぞご一読いただけますと幸いに存じます。Rinokia***「人は、見ているようで、真には(本当は)見ていないことがあります。それは、自らの“足元”ーーーいわば、現におかれた状況を見ることなく、あれも欲しい、これもしたい、というように、”周り”ばかりを散見することです。改めるべきは、自らのその姿。そして、何より素晴らしき側面もまた、己(=自分)に見い出すべきでしょう。無いこと(欠けていること・不足な点)を見れば、底知れぬ沼のようにもはや限りがありません。ですが、本来は、沸き上がるほどの珠玉の“光”ーーー あなたにこそ備わる、麗しき(素晴らしき)素質は、あなたに見いだされる瞬間(とき)

リンク元

その他
スポンサーリンク
kamigami no messageをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました