スポンサーリンク

幸せのレシピを、知ってほしくてこのブログも999日連続。

医療機関
先生、夜中にどうしてもしんどいって言うんです。それで、そばに来てほしいって、息子夫婦に頼んだんです。そしたらお父さん、静かになって。やっと、静かになって。 嫁も息子も良くしてくれて、こうやって、送ってやれました。感謝です。お家に連れて帰ってきてよかったです。呼びかけたら、まだ生きてるみたいな穏やかなお顔。 次は私ね、って言いながら奥さんはお父さんの穏やかなお顔を撫でられた。  いつも通りの、お家での旅立ち。がんの終末期に、ちょうどいいタイミングで、化学療法をやめにして、お家での療養を決められた。訪問入浴や、終末期リハも受けながらお家で過ごされた。最後の日の夜まで、激しい痛みはなかった。最後の最後で、死の壁が来たとき、ちょっと、全身倦怠感が増したけれども、そこには家族愛。そして、そこにあったのはお家の匂いや雰囲気だけ。医療用麻薬も鎮静薬も、なんにも要らない。穏やかだ。ほんまのほんま、家族愛だけ。  こんなお家での看取りを、こんな医療依存度がほとんどない、こんな家族愛だけの、本当に穏やかな、いつも通りのザイタク看取り。  これを、多くの人に知ってもらいたくて、始めたこのブログも、今日で、999日連続。読んでいただき心から感謝申し上げます。 幸せのレシピで、今日の旅立ちも素敵だった。良かったら聴いて

リンク元

医療機関
スポンサーリンク
clinic01をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました