スポンサーリンク

『仮性独居』の虐待家族

医療機関
一日に何十回と妻から長男に電話が鳴っている。
 
 
一緒に暮らしているはずの夫は、そんな妻の変化には目もくれず、
今まで通り、自分のしたいことを好きなようにやっている。
 
ある日、彼女は、大怪我をした。そこで、病気が判明する。
しかし彼女自身も、その病気を受け入れることが、
夫に見捨てられることだと肌で感じて暮らしてきた50年。
どうしても病を受け入れられず、否定し続ける。
否定するには医療に掛からなければ、それが一番いい方法だ。
 
夫にとっても、妻本人にとっても、
医療や介護ほど、自分たちの人生を脅かすことはない。
 
しかしだ。しかしだ。しかしだ。それでいいのか?
 
虐待という世界をご存知か?
いじめという世界をご存知か?
 
この夫婦の場合、彼らの子供が巻き込まれた。
医療や介護を否定する妻が、長男に
医療や介護の助けを内緒で求めたならどうだろう?
長男は母親の求めに応じ対応してしまった。
 
妻の病気のことに無関心の夫が、次男に、
医療や介護を無かった事にして、さらに、
妻の医療受診や介護申請という内緒事を
知っていても知らないふりをして
目を瞑って伝えていたら、どうなるかわかるだろうか?
 
また、さらに彼らの子供である次男が、
医療や介護に無知と言うか、無関心だったらどう

リンク元

医療機関
スポンサーリンク
clinic01をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました