スポンサーリンク

【書評(前編)】「転職と副業のかけ算」は医者にも可能なのか?

その他ドクター
 
最近読んで面白かった本がある。
「転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方」である。

転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方
 
転職について書かれた本は多い。
このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法
 
また副業について書かれた本も多い。
アフィリエイトで夢を叶えた元OLブロガーが教える 本気で稼げる アフィリエイトブログ 収益・集客が1.5倍UPするプロの技79
 
そしてSNSを使った自己ブランディングについて書かれた本も多い。
共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創る
 
でもそれらをひとまとめにして、一つのキャリアデザインを描いた本はあまりなかったと思う。
著者はまず、キャリアの目的を「生涯年収を最大化すること」と設定した。
サラリーマンの生涯年収は平均2.5億円。
国内最大大手の商社で生涯年収は約6億。
 
これらを参考に生涯年収8億円を目指す。
そして生涯年収から逆算して必要なことを考えていく。
筆者がデザインしたキャリアは「サラリーマンでいることのメリットを享受しながら、個人でもお金を稼ぐ」こと。
 
サラリーマン+副業である。
 
そしてサラリーマン、副業それぞれについて年収を最大化する戦略を考えていく。
 
生涯年収を最

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました