スポンサーリンク

ETF運用会社の倒産リスクをどの程度想定すべきか?

内科医
おはようございます。
当ブログの読者の方から、「ETF運用会社の倒産リスクをどの程度想定すべきか?」という点についてご質問いただきました。
初めまして。いつもブログを楽しく読ませて頂いております。
長期投資を行っていく上でリスク軽減を目的に私もETF(VTI、VYM、XLP)をメインに運用しておりますが、ETFでの運用について最近ある疑問が生じました。
それは、今後リーマンショック以上の大暴落が訪れ、万が一、ETFの運用会社(バンガード、ステートストリート等)が倒産してしまった場合の話です。
投資信託と同様にETFも運用会社が倒産してしまった場合でも資産が守られることは認識しておりますが、運用会社が倒産してしまった場合にはその時点での株価で返金されることになるかと思います。
例えばVTIの株価は現在140ドル程度になりますが、半値の70ドル程度まで暴落してしまった状態で運用会社が倒産してしまった場合には強制的に含み損のまま取引が終了してしまい、結果として大損をしてしまう可能性があるのではないかと不安がよぎります。
お手数でございますが、この点についてお考えをお聞かせ頂けないでしょうか。
宜しくお願いいたします。
ご質問ありがとうございます。
投資のリスクについて考えていろいろ調べ始めると、あれもこれも気になってしまうということはよくある話です。
私も昔はそうでした。
最終的

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました