スポンサーリンク

人はなぜ高い時に買って安い時に売ってしまうのか?

内科医
おはようございます。
「安い時に仕入れて、高い時に売るのが投資の大原則」
と頭では理解していながら、大半の人は真逆の行動をとってしまうのが投資の奥深さであり面白いところです。
「周囲が株を買わなきゃ買わなきゃ!」という雰囲気になると自分も乗り遅れまいと株を購入し、ブームが去っていつでも割安で購入できるようになると、逆に買わないのです。
ビットコインなどまさにその典型ですよね。
2017年末年始の200万円オーバーの時には我先にとビットコインに群がり、今のように70万〜80万円でいつでも購入できる時期には誰も欲しがりません。
本当に不思議だなぁと思います。
人はなぜ高い時に買って安い時に売ってしまうのか?
投資における人間心理の罠
価格が右肩上がりに上昇し続けている局面では、
「自分も絶対に乗り遅れてはならない!」
「このチャンスを逃したら次は来ないのでは!」
と気分が高揚していることが多いです。
私自身も経験があり、そのせいで大怪我をしてことがあります。
これは一種のハイな状態で、冷静な判断力が完全に失われています。
非常に難しいのは、渦中の本人はハイになっていることを自覚しにくい点です。
買えば買うほど価格が上がっていく局面では、早めに仕入れなければと焦るあまり、
手持ち資金をどんどん投入してしまう人が多いです。
この結果あとで大きな痛手を被ることがあります。
 
上がりすぎた

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました