スポンサーリンク

楽天・新興国株式インデックス・ファンド(楽天VWO)を分析

内科医
おはようございます。
2017年9月末に、楽天・バンガード・ファンドからVT(全世界株式)とVTI(全米株式)を買い付ける投資信託2種が発売されました。
その2つと比べるとかなり地味な存在ですが、楽天バンガードの第3弾として楽天・新興国株式インデックス・ファンド(楽天VWO)が発売されました。
初回の決算運用報告書が発表され、楽天VWOの実質コストが0.60%と判明しましたので、そのあたりも含めて分析します。
 
楽天・新興国株式インデックス・ファンド(楽天VWO)を分析 
本家VWOのベンチマークと経費率は?
VWOはバンガード社から発売されているETFで、正式名称はバンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETFといいます。
ベンチマークはFTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ・インデックスで、新興国株式市場の主要銘柄に広く分散投資をすることが可能です。
VWOの経費率は0.14%で、新興国株式市場へ投資をする商品としては激安といってよい水準です。
 
VWOの構成国トップ10は?
VWOの国別構成比率のトップは中国で、3割近くを占めます。
これは今後しばらく揺らぐことはないでしょう。
中国に続く第2位は台湾で、中国とあわせて50%弱を占めることには注意しましょう。
VWOは新興国株式市場へ広く分散投資をする商品ですが、その半分近くは「東アジア」に投資する商品

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました