スポンサーリンク

小規模企業共済とiDeCoを併用する場合のベストな受給タイミング

内科医
おはようございます。
当ブログの読者の方から、個人事業主の場合の小規模企業共済とiDeCoを受け取るベストなタイミングについて以下のご質問をいただきました。
ちゅり男様、はじめまして。
毎朝のブログの更新、とても楽しみにしております。
ちゅり男様のブログに出会い、昨年つみたてNISA(毎月33,333円)とiDeCo(毎月67,000円)を始めました。
今日はご教授していただきたいことがあり、あつかましいとは思ったのですが、ご連絡させていただきました。
私現在49歳で、自営業を12年営んでおります。
開業当初から小規模事業共済に加入しており、毎月70,000円の積立を続けています。
60歳で廃業するつもりでおり、そのときに一括で受け取ろうと考えていますが、加入シュミレーションをしてみると、60歳で2,300万円(税抜?)ほど受け取れるという結果が出ました。
この2,300万円で退職所得控除の枠を使い切ることになると思うので、iDeCoの受取額はかなり少なくなると思います。
こういった場合、iDeCoは年金という形で分割して受け取ったほうがよいのでしょうか?
それとも他に何かいいほう方法がありますでしょうか?
お忙しいとは思いますが、どうぞよろしくお願い致します。
ご質問ありがとうございます。
この質問は、サラリーマンの方には関係ないかもしれませんが、自営業の方には大変重要なポイ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました