スポンサーリンク

祈りの旅①【女川町(おながわちょう) 東日本大震災慰霊碑】

その他
昨月東北にお伺いした際、2011年3月11日に発生した東日本大震災に関しての慰霊碑を順に巡ってまいりました。一つ目は、宮城県牡鹿郡女川町の役場敷地内にございます「東日本大震災慰霊碑」です。地震の数年後に新庁舎が建てられたようで、近代的かつ、庁舎内は温もりも感じられるような素敵な造りです。慰霊碑は高台に建てられており、おそらくは、建物の2~3階部分に相当するかと思われます。横長で、半円を描くような、とても特徴的な形状でした。慰霊碑に刻銘されたお一人おひとりのお名前を拝しつつ、静かに黙とうを捧げておりますと、すぐさま御霊たちが現れてまいりました。“苦しい”“重たい”と訴えるお声が多く、10年以上経ってなお辛い現実です。まずは、慰霊碑全体に祈りました。御霊たちに感謝の意をお伝えし、そしてご供養をするにあたり安心していただくためです。通常は、こういったご供養に関しては、こちらの独断ですぐさま開始することはありません。こうしたことは繊細であり、御霊たちにまず信頼していただくことが大切です。ですので、不安や疑念などを解くために、こうして互いの霊体が馴染むよう、緩やかにエネルギーを通わせてまいります。御霊たちは、全体的に固く、あたかも“連結”しているような状態でした。本来であれば、霊界での進み方(転生への道のり)はそれぞれに異なるものです。ですので、たとえ同じタイミングで命が遂げられたとしても、

リンク元

その他
スポンサーリンク
kamigami no messageをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました