スポンサーリンク

キュウリが記憶力を救う

その他
キュウリ日本では平安時代から栽培され常にサラダのメンバーには入っているもののいつも脇役扱いされやすい野菜です。最近はきゅうり専用のスパイスが出たのできゅうりが主役になりつつあります。キュウリは熟すと黄色くなるのですが、現代ではまだ未熟な緑色のうちに収穫して食べることが一般的になっています。昔は熟した黄色いキュウリを食べていたそうです。江戸時代は、キュウリを輪切りにして食べることはご法度(禁止)でした。キュウリの輪切りの模様がなんとなく徳川家の家紋である三つ葉葵に似ているという理由です。徳川家の家紋に似たものを食べるのは不敬であるとされたのです。キュウリは果実成分のおよそ95%が水分のため栄養価はあまりないと言われてきました。でもそんなキュウリにはとてもいい面があることはあまり知られていません。キュウリは記憶力減退を防ぎアルツハイマー型認知症を予防する効果があるのです。これを発見したのは米国のソーク研究所の研究者たち。この研究所は小規模ながら、研究論文の引用度は、常に世界のトップクラスであり、各研究分野の最先端にいる研究者たちが集結しています。キュウリに含まれるフィセチンという成分が記憶力を改善すること、アルツハイマー病の発病から脳を保護することを実験動物をつかった研究で証明しました。キュウリの他の効用としてはダイエット効果心臓病予防夏の水分調節解毒糖尿病のリスク低減がんの予防(膵臓

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました