スポンサーリンク

クマ棚:ツクノワグマの作る棚

その他
クマ棚というものを山で見られることがあります。ツキノワグマは冬眠前の時期には栄養価の高いドングリを好んで食します。冬眠前のクマの体重は増加しますがその脂肪分の多くはドングリに頼っています。通常クマは、豊作の年には落ちてきたドングリを食べることが多いようですが、凶作になると木に登ってドングリを食べます。クマは体重が重いので枝の先まで到達することはできません。自分の体重を支えられる幹の分岐まで登ったら、そこに座ってドングリの実っている枝を手で手繰り寄せて食べているのです。枝が折れてしまった場合には木の下に落とします。森の中ではこういった折れた枝がたまに見られます。中途半端に折れた枝はそのまま手で持ちながらドングリを食べます。こうして太い幹に座ったクマさんが次々と枝を手繰り寄せてドングリを食べた後は折れ曲がった枝が重なって、まるで棚のようになります。この状態の枝を「クマ棚」と言います。山のドングリが凶作の年にはクマ棚は多く作られるようです。私はこういったクマさんたちの採食跡を見るだけでもなぜか嬉しくなります。大きなブナの樹などでは、クマが爪を立てて登った跡が残っていることもあります。今後とも日本でクマさんたちが繁栄してほしいと願っています。光の魂たち 動物編 人の霊性進化を助ける動物たち森井啓二きれい・ねっと2020-06-21今日もありがとうございます。ブログランキング参加しています。

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました