スポンサーリンク

神の詩 第五章十二節 11

その他
 神の詩 第五章十二節 11「心を統一した者(ヨーガ行者)は、行動の結果を捨てて、究極の平安に達する。心を統一していない者は、欲望のままに行動し、結果に執着して束縛される。(十二)」続きです。パタンジャリ大師は、心の作用は大きく二つに分かれ、五種類あると説明しています。「心の作用には五種類あり、それらは、苦痛に満ちたもの〔煩悩のもの〕あるいは苦痛なきもの〔非煩悩性のもの〕である。」ヨーガ・スートラ第一章五節煩悩Klesaは、苦痛klisに由来する言葉であり、一体の意味として解釈されます。「苦痛に満ちたものと苦痛なきもの」とは、わかりやすく言えば、自我に基づくものと無私に基づくものとも言えます。自我に基づくものには、苦しみが伴ないます。どちらも欲望が存在しますが、その欲の方向性は真逆です。心の中心点は二つあります。一つは、性的快楽や美食、激しい音楽などで活性化する部分、もう一つは、瞑想や祈り、慈悲ある行動などによって活性化する部分。このどちらも、心の作用として働くために、最終的にはどちらも止滅することになります。心はずっと止滅しているわけではありません。どんな聖者であっても、人と対話をする時には心を使います。心の使い方が変わります。その時の心の中心点は、一つだけになっています。続きます。光の魂たち 動物編 人の霊性進化を助ける動物たち森井 啓二きれい・ねっと2018-04-

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました