スポンサーリンク

新薬は更に登場するか

健康法
日本糖尿病学会が 2020年12月に発行した『糖尿病専門医研修ガイドブック』という分厚い書籍があります.

(C) 日本糖尿病学会

これから糖尿病専門医をめざす医師のための教科書です.専門医となるには,ここに書かれていることはマスターしてもらいたいという情報を網羅してありますが,目次を見ればわかるように内容は膨大です. このガイドブックの内容については この記事で感想を述べました.

新薬候補

このガイドブックは専門医養成のための教科書ですから,情報が古くては意味がありません.発行時点での最新情報を掲載しています.そして p.248には『開発中の経口血糖降下薬』として下記の5つの新薬候補が 簡単な説明と共に挙げられています.

経口GLP-1受容体作動薬イメグリミングルコキナーゼ活性化薬11β-HSD1阻害薬グルカゴン受容体拮抗薬

(1)は従来 注射薬しかなかったGLP-1受容体作動薬(商品名:ビクトーザ,バイエッタ,オゼンピックなど)を,普通の薬のように経口薬としても服用できるようにしたものです.これは商品名『リベルサス』として既に実用化・販売されました.

(2)のイメグリミンも.商品名『ツイミーグ』として 2021年9月に発売されました. イメグリミンの投与症例は,今年の日本糖尿病学会でも投与症例がいくつか報告されたので,本ブログでも

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました