スポンサーリンク

神の詩 第5章八・九節 5

その他
神の詩 第5章八・九節 5「真我に意識を集中した聖者は、見たり、聞いたり、触れたり、嘆いだり、食べたり、動いたり、眠ったり、呼吸したり、話したり、排池したり、つかんだり、目を開閉したりしていても、「私は何もしていない。感覚がその対象に働いているにすぎない。」と考える。(八、九)」続きです。真我を見出した後では、花と真我が、花と太陽との関係のようにお互いに別々に保たれながら「合わさる」ことになります。「花を愛でる」そこには、花を見るだけではなく、愛があります。だから「愛でる」というのです。それが対象物の真の価値を引き出します。それは花だけに留まることなく、吹き抜ける風の中に、輝く光の中に、流れる水の中に、葉の上を歩く小さな虫に、遠くにそびえる山々に、夜空に煌めく星々にも、美しさと尊さを見出すようになっていきます。そしてこの意識の姿勢は、日常生活のあらゆる所作に活かすことができます。これが行動の道が大切な理由の一つとなります。日々の瞑想によって、心を自分の内側に在る真我へと近づけていきます。それは意識の海の深海へ行くようなものであり、意識の大気層から大気圏外にある太陽へと向かうようなイメージを持っていてもいいかもしれません。人は、意識を内側に向ける瞑想と共に、意識を外側に向ける行動を行います。この外に向けた行動の際に、瞑想で到達した内側の深い意識を伴っておきます。このような実践を繰り返

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました