スポンサーリンク

乳がんになって知った、“乳がん”のこと。

その他
まさか自分がこの年齢で乳がんになるなんて思ってもいなかった中学1年生の時...そう、いわゆる“思春期”身体が発達してくる時期だ私は一向におっぱいが大きくならないのに、クラスの女子はどんどん成長してゆく「おっぱいが大きい方が、 乳がんになりやすいんだよ」母に言われた慰めにもならないその言葉は、巷に流れていた都市伝説であるそんな私が乳がんになった小っちゃいおっぱいの私が...「がんになったら、死ぬ」と思っていたが、それは違った「がんになったら、抗がん剤をする」そう思っていたが、乳がんには化学療法以外に“ホルモン療法”があることを知ったほかにも治療薬がたくさんあって、乳がん治療がどんどん進歩していることも知った「早期にがんをみつければ、温存できる」とも思っていたが、早期であってもがんのタイプによっては全摘になることも知ったほかのがんは“5年が完治”と言われているのに、乳がんは10年  ※ほかのがんより進行が遅いため、   時間が経ってから再発するなのに、「15年経っても 20年経っても再発することがある」という矛盾を知ったその後、「乳がんの完治は20年」と、言われるようになるそれでも、23年経ってから再発した事例もあるもう、ほぼ一生だ腋窩リンパ節郭清で、一生腕に影響が残ることも当然知らなかった治療で子どもが産めなくなることも考えたことすらなかった「がんは、命を奪うもの」――そんなイメージ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました